一週間経ったので「週刊少年チャンピオン」での鞘師りほりほのインタビューを書き留めておく

1:2015/04/22(水) 19:22:53.79 0
「週刊少年チャンピオン」 2015年4月30日号 「情報エクスプレス」 NO.20
鞘師里保 インタビュー その1

――さて、道重さゆみさんが昨年の11月26日に横浜アリーナで
卒業して以来、初のシングル発売です!何か変わりましたか?

「メンバー一人一人が“自分達の力でグループを作って
いかなきゃいけない”って自覚を持っているなって思います。
ツアーもはじまって、ファンの方からたくさん声援いただけたので
いい滑り出しになったなって。ツアー前は、かなりみんな
プレッシャーを感じていたんですけど・・・」

――道重さんの存在って大きかったですもんね。横浜アリーナでの
コンサートを振り返って、どうですか?

「私がモーニング娘。に入る前、亀井絵里さん、ジュンジュンさん、
リンリンさんの卒業公演が横浜アリーナ、それ以来なので
モーニング娘。にとって4年ぶり、そこに立てたことが本当に
嬉しかったですね」

――そういえば道重さん、そんな卒業公演の途中で足の調子を
悪くされてましたよね。あれはビックリしました。

「はい、リズムを足で取れてなかったので、すぐに気付きました。
道重さん、元々足がつるクセがあったので・・・。そこでメンバー全員と
アイコンタクトを交わして“私達は何事もないかのように
パフォーマンスを続ける”って。そのままパフォーマンスを
続けました。多分、全員がそう判断してたんだと思います」
2:2015/04/22(水) 19:23:28.24 0
「週刊少年チャンピオン」 2015年4月30日号 「情報エクスプレス」 NO.20
鞘師里保 インタビュー その2

――ケガにより、メインステージから動けなくなった道重さんを
メンバー全員でフォローしていましたよね。全速力で譜久村さんが
走ったり、道重さんが足に負担をかけないために、靴を
履き替えるのをメンバー全員がダンスをしながら隠したり。

「アクシデントは今までのライブでも何度もありましたし、
“この3時間のコンサートが、道重さんの最後の作品になる”と
思ってたから必死でした。でも、後輩メンバーが率先して
フォローしているのを見て“みんなで協力できてる!”と思ったし、
それと同時に“入った頃の自分は、こんなことできなかったな”
って成長を実感できました」

――「道重さゆみが卒業するタイミングで、立派になった
モーニング娘。を見れた」っていうのは、感慨深かったです。

「それに、最後に道重さんの“目の前の人に伝えたい!”って
気持ちを大きく感じられました。アンコール前、ステージ裏で、
道重さん本当に痛そうで。でもステージに出たら全然
そんなふうに見えなくて・・・・・・。12期のコたちも、一緒に
パフォーマンスしたわけじゃないけど、そんな道重さんを
身近で感じられたのは、よかったなって思います」


3:2015/04/22(水) 19:23:57.65 0
「週刊少年チャンピオン」 2015年4月30日号 「情報エクスプレス」 NO.20
鞘師里保 インタビュー その3

――道重さんが卒業してから、鞘師さんたち9期がいちばん上に
なりました。プレッシャーとかありませんでした?

「ありました。正直・・・・・・“自分が引っ張らなくちゃいけない!”って。
考えすぎてました。私、なんというかプライドが高いのか、
完璧を目指してしまうんです。それで空回りしていたなって、
最近気がついたんです」

――空回りというと?

「パフォーマンスもそうなんですけど、それ以外では“見た目も
キレイにしよう!”って厳しくダイエットしようと思ってたら・・・
うまくいかなかったことで、なんか“ワ~ッ!”ってなってしまって・・・
結果リバウンドしてしまって。今、ヤバいんです(笑)。
“変なプライドを持ちすぎたから、結果こうなったんだよ!お前は!”
って自分に対して怒っていて・・・」

――自己嫌悪ってやつですね。

「たぶん私、自分の中に2人の自分がいるんですよ。
天使と悪魔というか。現実に立ち向かってる天使の“A鞘師”と。
客観視している悪魔の“B鞘師”とがいて。BがAに圧をかけてるんですよ。
それでAは“ワ~!”ってなってて」

――その悪魔は、なにを囁いてくるんです?普通は「サボっちゃえよ!」
とかですが。

「悪魔のB鞘師は、厳しくしてきます。で、その厳しさに応えられなく
なると、天使のA鞘師はブワ~って決壊しちゃうんです。
ダイエットだとリバウンドして“もうダメだ!”ってなっちゃったり、
自分のパフォーマンスに関しては“なんでこんなにできないんだ!”
って責めたり・・・・・・。他にも考えすぎて、勝手に涙がこぼれてきたり、
ものすごく自信がなくなっちゃったり・・・・・・」
4:2015/04/22(水) 19:24:30.69 0
「週刊少年チャンピオン」 2015年4月30日号 「情報エクスプレス」 NO.20
鞘師里保 インタビュー その4

――挫折、ですかね。

「そうですね。・・・・・・で、ずっと落ち込んでたある日、そんな
気持ちがこぼれたようなブログを書いてしまったことがあって。
それを読んだファンの方が、ブログにコメントをくださったんです。
“そういう時もあっていいよ”“そんな里保ちゃんもいてファンとして
幸せだよ”“落ち込むこともあると思うけど、鞘師ちゃんはここが
成長してるんだよ”って。・・・・・・成長を探してくれるんですよ。
私が頑張ってるところも認めてくれていて。もうコメント欄を
見ながら“うわーっ!”って声を出して泣いちゃって」

――すごく、あたたかいですね。

「自分だけでやってるわけじゃないんだ。この人達に私達は
育てられてるんだって。ファンの方が応援して、甘えさせてくれて、
声をかけてくれるから、ここまで来れたんだ。自分だけの力じゃ、
絶対に来れなかったって」

――そういうことに気付いたんですね。

「はい。そのときから、なんかいろんなことを実感して。
・・・・・・なんかそれから視力がよくなったんですよ」

――え?どういうことですか?

「もともと2.0あって、コンサートで客席を見たときに、お客さんの
顔も見える程度だったんです。でも先日のツアー初日では、
暗転している客席のファンの方おn表情もハッキリ見えたんですよ!」
5:2015/04/22(水) 19:25:05.15 0
「週刊少年チャンピオン」 2015年4月30日号 「情報エクスプレス」 NO.20
鞘師里保 インタビュー その5

――不思議。ファンの方は、どんな表情を?

「あったかい目をしてたり、真剣に話を聞いてくれてたり・・・・・・。
MCで自分の順番を待っているときに、みなさんの表情を
見てたら“この人たちが、私たちが立つこのステージを
用意してくれたんだ”って。
・・・・・・涙があふれてきちゃいましたね。心にしみました」

――ファンのありがたさに気付けたから、その顔が見えるように
なったのかもですね。

「そうかもしれません。ずっといろんな人に感謝をしてきた
つもりでしたけど、正直、今ほどじゃなかったと思います。
だから、体作りも頑張ります!(笑)」

――素晴らしいです!では、最後に。鞘師里保にとってアイドル、とは?

「アイドルとは、ただの人間です。自分ひとりでは、何も
できません。アーティストのように、自分で曲や詞も作れないし、
仕事も見つけてこれないし、応援してくれる人がいなければ、
ステージに立つこともできません。スタッフさん、ファンの
みなさんが、輝く場所を用意してくれるから、アイドルはそこで
育つことができるんです。だから、アイドルは全ての人に
感謝だなって思います」
6:2015/04/22(水) 19:26:00.24 0
終わり
横アリでの初出の話や深い話もあって良いインタビューだと思うけど
あんまり話題にならなかった気がする
7:2015/04/22(水) 19:26:58.11 0
チャンピオン立ち読みしてるけど気づかなかった
10:2015/04/22(水) 19:28:16.75 0
俺は気付いた
雑誌のラスト10ページあたりだよな
13:2015/04/22(水) 19:29:41.49 0
>>10
そう
グラビアじゃなくて巻末のインタビュー
このコーナーはアイドルとお笑いとプロレスラーで順番に回してる印象w
16:2015/04/22(水) 19:31:39.56 0
>悪魔のB鞘師は、厳しくしてきます

いい奴じゃないか
22:2015/04/22(水) 19:33:11.09 0
最後のアイドル論は各メンバーに聞いてみたいな
29:2015/04/22(水) 19:38:21.76 0
これは真面目モードのインタビューだけどCDジャーナルはおふざけモードで楽しい

「CD Journal」 2015年5月号 モーニング娘。'15
譜久村聖・鞘師里保・工藤遥・牧野真莉愛 インタビュー(抜粋)

――9期は上下関係を厳しく教えられた人たちっていうのもあるんでしょうね。
譜久村「それもあると思います。道重さんがOKと言っても、
   やっぱり先輩だからと遠慮してしまう部分もあったりとか。
   それに縛られてた部分もあって。今はそれがなくなったことにより、
   里保ちゃんは中学生っぽくなってます(笑)」
工藤「鞘師さんと同盟組めるかも」
鞘師「男子中学生同盟」
――なにそれ(笑)。
鞘師「最近は、フクちゃんのから・・・・・・肌が好きなんです」
工藤「今、はっきり“体”って言いましたよね」
――ソフトに言い変えた(笑)。譜久村さんの二の腕が好きなんですよね?
鞘師「そうなんです。中学生というより、だんだん変態おじちゃんになってきました」
工藤「やば」
譜久村「やばいわ」
――鞘師さんどうしちゃったんですか。譜久村さんが可愛いんですか。
鞘師「か、可愛いです。フクちゃんの肌いいなと思ったりとか、
   (島村)嬉唄ちゃん可愛いなと思ったりとか。そういう気持ちを
   自分で受け入れるようになったり。前はバリアーを張ってたんですけど、
   解禁になりました」
――これは完全に道重さんの影響ですよね。
譜久村「道重さんのチューから始まった」
工藤「あれだ!」
牧野「いやー!」
鞘師「牧野ちゃんを可愛いと思ったら“可愛い”って言うようになっちゃったんです」
譜久村「言わなかったのにね、素直な里保ちゃんいいですね」
36:2015/04/22(水) 19:42:36.12 0
アイドルとはただの人間である。

         
          鞘師里保(1998~)
43:2015/04/22(水) 19:54:46.22 0
完璧じゃないから見てて面白いのもあるからな
44:2015/04/22(水) 19:56:40.15 0
いい記事やないか
53:2015/04/22(水) 20:52:20.06 0
弱音をはいたブログって何日の?
54:2015/04/22(水) 20:56:51.02 0
イメチェンのやつかな
60:2015/04/23(木) 02:37:17.18 0
アイドルとは?のくだりはかなり正しいことを言ってると思う
アイドルはまあ祭りの主役みたいなものだしね
まず祭りがあって神輿を担ぐ衆それを見る衆がいなければはじまらないみたいな


2015/4/23 10:00
鞘師里保  | コメント(1)

コメント一覧

1.ハロニュー名無しさん2015年04月23日 18:05

いい言葉を聞かせてくれた
ホント応援のしがいがある子だ

コメントする

名前:
 
 

※確認画面がないので見直してからコメントしてね。
※不適切なコメントは予告なく消す場合があるので注意。

↑TOP↑

<<次の記事 前の記事>>

2ちゃんねるのモ娘(狼)板を中心とした、いつ閉鎖してもおかしくないノンアフィのまとめだったりまとめじゃなかったりするサイトです。

2016/05/05

生きてます。まとめは他のサイトにまかせよう。(OS再インストールしたとき、まとめのソフトのバックアップ忘れて、再ダウンロードしようとしたらページ削除されてて出来なくなっただけなんですけどね)
5月3日娘。のライブ行きました。まーちゃんますます綺麗になって歌も踊りも上手くなって最高でした。

なにかあったらこちらのメールフォームか、hellopro_new@yahoo.co.jpに送ってください。

管理人:ハロDD。エロ。マロテスク。佐藤まーちゃん1推し。